大網RC会長   斉藤 幸男

(大網ロータリークラブ2007-2008年)


RI会長今年度のスローガンは「ロータリーは分かちあいの心」です。

我がクラブも創立8年と半年を経過しました。四之宮初代会長から数えて8代目となったわけですが、10周年を迎えるまでの大切な時期だと考えております。

さて、今年の方針ですが、原点に戻ってクラブをより活性化したいと思います。

1. 出席率の向上

2. 会員増強

3. 親睦

以上の3点をもう一度見直したい。

1. 出席率の向上

出席は義務付けられているが、強制はできないので地区で少しでも上位へ進出できる様ご協力をお願いします。

出席率向上のために、より卓話の充実を計りたい。RC出席の楽しみの1つが卓話だと思います。毎年プログラム委員長さんが大変苦労されているようですが、今年の委員長さんにも是非その人脈を生かされて多くの方々のためになる話しを聞かせて頂きたい。会員の皆様もご希望がございましたら、委員長に申し込まれたら良いと思います。是非自分が話したいという会員卓話も大歓迎です。

2. 会員増強

時節柄増強はなかなか厳しい課題ですが、1人でも多く増やしたいと同時に、長期間休んでいたり、出席率の悪い会員の方に呼びかけをしてより多く出席していただけるようにしたいと思います。

3. 親睦

親睦委員長さんには、夜間移動例会は2ヶ月1回程度の開催と聞いています。回数が減った分は食文化研究会を増やしたいと考えております。

ロータリークラブも毎年少しずつ変遷しています。CLP(クラブリーダーシッププラン)の導入など、新たな課題も増えてきていますので、皆様の御協力の程宜しくお願いいたします。



手を握られているのは会長ではありません