青少年奉仕委員会

 

委員長  高野 祐二

(目的)

青少年奉仕委員会の活動目的は、健全・健康・優秀な青少年を育て、21世紀のリーダーとなる人作りのお手伝いをさせていただきます。

 

(活動内容)

1 青少年交換プログラム、短期(1~3か月)と長期(1年間)があり、会員の御家族の希望がありましたら中学生または高校生(2年生まで)のご子息、ご息女、お孫さまのロータリー青少年交換留学をお勧めします。ロータリー青少年交換は、政界で一番安全な留学と言われています。また、世界で一番裕福な留学のひとつと言っても過言ではありません。なぜなら、ロータリークラブが生活や学費を補填し、さらにもホストファミリーにもなるからです。

 

2 RYLA(ロータリー青少年指導者養成プログラム)21世紀リーダーシップセミナーの参加者を募集いたします。今年度は、2019年2月2日、3日の2日間南房総市で行います。当地区では、歩行ラリー教材として参加者が寝食を共にし、共に考え、共に議論して、共に検証する、といった一連の流れの中で、様々な職業人であるロータリアンたちと語り合うことで、人間の幅を広げたり、リーダーシップに必要な想像力を養っていきます。