大網RC会長   髙山 義則

(大網ロータリークラブ2015-2016年)


2015~2016年度大網ロータリークラブ会長を仰せつかりました髙山です。
精一杯頑張りますので、会員皆様のご指導ご鞭撻をお願いいたします。

RIの今年度のテーマは「世界へのプレゼントになろう」です。
これは自分の行いが「周囲に対するプレゼントになるよう行動しよう」また、「世界の人の為になる人になろう」ということです。

私のこの1年間のテーマは、「ありがとう言われるように言うように」です。
これは常に周りの人からありがとうと言われるような行動をしよう。また、常に周りの人にありがとうと言いましょう。と言うことです。
「ありがとう」と言ったり、言われたりしていれば争いは無くなり、RIの究極の本質である「国際理解と平和」に繋がるものと思います。

2015~2016年度の当クラブの運営方針は、基本的には前年度を踏襲していきます。
特に、石田前会長のテーマでもあり、初代四之宮会長のテーマでもあります、「人の和」と「楽しくなければロータリーではない」を信条に、当クラブを運営して参りますので宜しくお願い申し上げます。

ただ、申し上げたい事があります。「楽しくなければロータリーではない」ですが、四之宮さんの思いは、ただ楽しければいいのでは無く、毎週異業種の方々と語り合い、情報を交換し、親睦を深め、会長挨拶や卓話者の話の中から、職業倫理や人格形成を自然に養っている。こういうことが楽しいからロータリークラブに入っているということだと思います。
楽しいだけで良いなら、そのようなクラブに入れば良い事であって、ロータリークラブでなければ得られない充実した内容を提供出来るクラブにして行きたいと思います。