大網RC会長   堀本 孝雄

(大網ロータリークラブ2017-2018年)


2017-18年度の大網ロータリークラブ会長を仰せつかりました堀本です。
この1年間会長としての任務を精一杯務めさせていただきますので、会員皆様のご支援ご協力をよろしくお願い致します。
ロータリークラブの基本はやはり「奉仕」であろうかと思うのですが、その奉仕のために地域との関わりを広く持って、何ができるか、どういう貢献ができるかを会員の皆様と共に考えてやっていきたいと思います。すなわち、RI会長の提示する「クラブの公共イメージの確立とクラブの認知度のさらなる向上」にチャレンジすることは魅力ある、存在感のあるクラブとなる大きな要素であると思います。私はそのためには、青木パストガバナーの挨拶の中で、

① 出席したくなる例会

② 参加したくなる親睦活動

③ 参加したくなる奉仕活動の取り組み

④ ロータリー活動についての理解と関心を高めるための研修

クラブ運営、行動方針において大切なことであるとしております。

当クラブも国際奉仕活動では、継続性のあるスリランカ国の恵まれない子供達への支援、ネパール国への識字率向上の為の支援は米山奨学生の受け入れと共に参加したくなる奉仕活動の一端になるものと思います。国際奉仕活動と共に、地域社会奉仕活動もさらに活動を一歩、二歩前進させていきたいと考えております。

“理念なくして、実践なし。実践なくして、理念なし”
ロータリークラブに入って良かったと思う活動、価値観を分かち合える仲間の輪の拡大に努めますので、この1年間皆様のご協力をお願い致します。


さらに記事を読む...