大網RC会長   石田 英世

(大網ロータリークラブ2014-2015年)

2014-15年度の会長を仰せつかりました。この1年間皆様のご協力よろしくお願い申し上げます。

さて、最初にこの1年の私のテーマですが「和して同ぜず」とさせていただきます。
「論語・子路」のなかに出てくる文言で、人と協調していくが、決してむやみに同調しないということで、人とのなごやかな人間関係には心掛けるが、その場にかぎりに、無責任に賛成したりしないという意味だそうです。
この【和】ですが、すでに当クラブの2009-10年度ガバナー補佐四之宮会員が「人の和」をテーマとされ、「意見が異なるのは当然で、違うからと言って争うのではなく、ロータリーは多様性、相互理解、寛容の心で違いを認め合うことを勉強する場でもある」と述べておられます。【和】とは大網ロータリークラブの大きなテーマといえるのではないでしょうか。
なお、図らずも宇佐美 透ガバナーも『道しるべに「和して同ぜず」を皆様に共有して戴きたい』と仰ってます。
大網ロータリークラブも今年度15周年を迎え、中村実行委員長を中心に着々と準備が進んでおりますが、【親睦】を旗印にこれからも「和して同ぜず」会員同士切磋琢磨し成長していければ幸いです。

2014-15年度のクラブの運営方針ですが、基本的には前年度を踏襲していきます。
地区のDLPを反映し委員会構成を大きく変更しましたが、活動計画に基づき委員会を中心とした活発な事業を引き続き遂行してまいりたいと思います。

2014-15 RIテーマ 「ロータリーに輝きを」 LIGHT UP ROTARY
地区活動方針 「原点回帰」

「和して同ぜず」の精神で「原点回帰」をし、そして「ロータリーに輝きを」もたらせましょう。


さらに記事を読む...